一つの役割りを終えた先にある輝き~ペン先のつづきの物語~

Re:novel ペン先のピンブローチセット
今日は最近の新作をご紹介します。

前から少しありましたが、
ひとつの役割を終えたモノの
続きの物語を紡ぐシリーズ
「Re:novel」(リノベル)より。

ヨーロッパのヴィンテージのペン先を使った
ピンブローチ(ラペルピン)と、
耳飾りたちをたくさん制作しています。

Re:novel ペン先のピンブローチセット
ペン先のピンブローチ(ラペルピン)古いボタンセット

リノベルは造語ですが、
メールの返信などの頭につく
「Re:」を使用しています。

そこには、
これまでを無かったことにして
生まれ変わるのではなく、

これまでの物語(人生)をどう生きてきたか、
への返信として今の姿がある。

そういう意味を込めています。

Re:novel ペン先のピンブローチ
ペン先のピンブローチ(ラペルピン)

私もよく、よーーく、
無かったことにしたい……
と思うことがあるのですが、
無かったことにはならないし、
気持ちの上で一新して前に進むことはあっても、
それまでの生き様はいいことも悪いことも
どうやってもそのもの(人)に滲みでる。
そう思っています。

それは自分自身が歳を重ねて、
より実感していることです。

Re:novel ペン先のピアス
ペン先のピアス

そう考えると、
私はそんな素敵な人生歩んできていないな……と、
思ってしまう人もいると思います。

でも、誰かに憧れられるような
完璧な生き様でなくても、
愛おしいと思える美しさは、
必ずそれぞれに現れるものだと思います。

これまで生きてきた。
もがいてきた。
もうそれが美しい。

そう思いますし、
そうであったらいいな。
という自分への慰めも含めつつ笑、
そんな思いで紡いでいるシリーズです。

Re:novel ペン先のピアス ヴィンテージカボションセット
ペン先のピアス ヴィンテージカボションセット
ひとつの役割を終えても、
違った角度から見つめたら、
きっとまた別の輝ける場所や、
気が付いてなかった魅力が見つかるはず。

--ある役割を終えても、その過去の傷を生かしながらまた輝ける。

そんなメッセージを込めて、
自由な発想で創作しています。

がんばってきたモノたちの新たなる物語を、
みなさまのこれからの物語の
お供にしていただけたら嬉しいです。

Re:novel ペン先のピアス
ペン先のピアス

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください