コト、モノの声を聴くコト。

一歩。

何年前に撮った写真か、
もうわからないくらい前のがでてきました。

見た瞬間に、「一歩。」とでてきて、
まぁ見たままなのですが(笑)、
うまく進めないように感じても
確実に一歩進んでて、
そこに鈍くなるなよと思ったのでした^ ^

不用意に落ち込みそうだったところに
ありがたきメッセージ。

作品のメッセージのもとになる
シンボルもそうですが、
こうやって目に入った
モノやコトに耳をすませると、
意外と気が付いてなかった
今ほしかったコトバに出会えたりします。

そうやって日々のコトにモノに目を向けると、
ちょっとだけ昨日より
視界が広がったような気がして
楽しいですよ。

One noble novelの作品にも
そんなふうに耳をすませてみてくださいね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください