コンテンポラリージュエリー「オットー・クンツリ 展 」

コンテンポラリージュエリーの「オットー・クンツリ 展 」を東京都庭園美術館にて拝見してきました。
コンテンポラリージュエリー「オットー・クンツリ 展 」を
東京都庭園美術館にて拝見してきました。
写真は館内からの庭園。

彼の作品たち、身につけるのは
非常に高度(センスとか形状とか)なのですが、
知的なユーモアだったり問題提起していたり、
アートとしてとても楽しめました。

具体的にはポストカードがブローチになってたり、
2人のためのブローチといって
2人を向かい合わせて繋いだものがあったり。
(身動きできない…)

人にとってジュエリーとは何か。
を問い続けている彼の思考の流れを
体感できた気がします。

そしてそんな彼の話の中から、
私がある素材にすごく惹かれる理由に
気がつくことができました。

やはりインプットは大切ですね。
これ、とても大きな気付きでした。
何かはまた改めて^^

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください