雨の雫もこぼした涙も、あなたが輝くためのアクセサリー。from after the rain

「一冊のアクセサリー」展もあと
19(土)20(日)の2日間となりました。

残念ながら雨が続いておりますが、
今回メインといってもいいアイテムに
「after the rain」(雨上がり)
というタイトルの作品があります。

雨をイメージしたデザインで
写真のように、
様々なバリエーションがあります。

この作品のメッセージは、

*
*
雨の雫もこぼした涙も、あなたが輝くためのアクセサリー。
*
*

人生でも、
ここぞのときに雨に降られるように
困難にぶちあたることってありますよね。

でもそういう経験は
その人がさらに成長して、
本当に輝くために本物になるために
起こっていることだと思うのです。

そんな時は、
悲壮感たっぷりに落ち込んだり、
または気合で戦ったりするのではなく、
その経験も自分の物語りの引き立て役、
その雨をまとっちゃえ!
くらいの遊び心で楽しめたら、
きっと想像よりもあっさりと
雨は上がるんじゃないかと思うのです。

after the rainは
雨や涙の雫、星、レンガなどの
象徴の組み合わせでデザインし、
そんなメッセージを込めた作品です。

*

そして今回、
そのメッセージを受けて、
その作品の台紙を
物づくり作家のtocolierさんに
コラボして作っていただきました。

写真でわかりますでしょうか。
うっすらと紫陽花柄になっており、
そこにワンポイントで本物の花びらを加え、
印象的にアクセサリーを引き立ててくれる
台紙になっています。

*
*
以下tocolierさんからのコメントです。

雨が降ってより輝く紫陽花は
「人生での雨に降られても、
その経験にへこたれるのではなく、
自分を輝かせる糧にしちゃおう」という
アクセサリーに込められたメッセージに
通じるものがあると思い選びました。

また紫陽花という花は
ドライフラワーとしても人気ですが、
変化していくことも
肯定的に受け入れる美しさ、
というのもアクセサリーのコンセプトと
通じると思いました。

今回はアクセサリーの台紙という事で、
引き立たせるために
色を薄く仕上げていますが、
紫陽花の背景には
海外の古本をスキャンしたものを
使っています。
*
*
アクセサリーのメッセージを
とても的確に、素敵に、
汲み取ってくださっていますよね。

私はこのコラボ台紙を受け取って感動し、
そこから逆にインスピレーションを受けて、
after the rainのデザインバリエーションを
追加で制作しました。
IMG_6278_a
それがこの紫陽花ブルーの
スワロフスキーを使ったデザインです。
コラボがあったからこそ生れた作品。

誰かと何かと関わることで
新しい自分に出会えるというのは
本当に豊かで楽しい経験です。

同じように、
One noble novelとお客さまとの出会いも、
その方にとって
豊かで楽しい新たな物語を生む
そんな出会いになれば
と思って創っています。

くしくも明日は雨上がり。
ぜひ、そんな出会いを経験しに
会場までいらしてみてください。

愛でるだけでも
“何か”を感じていただけたら
嬉しいです。

それぞれのアクセサリーに込めた
“人生を豊かに楽しむエッセンス”
があたなをお待ちしておりますよ。

《会場》
 tocolier(トコリエ) *服と花のアトリエショップギャラリー*
 http://tocolier.com/
 145-0064
 東京都大田区上池台1-40-5-1F
 東急池上線 長原駅より徒歩3分
 通常営業 木-日曜日 13-20時
 ※展示の最終日は17時までの営業です
 アクセス詳細はこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください