実は今と似ているかもしれない、19世紀末「パリ♥グラフィック」の世界

パリ♥グラフィック―ロートレックとアートになった版画・ポスター展
先日、三菱一号館美術館にて行われている
パリ♥グラフィック
―ロートレックとアートになった版画・ポスター展
の特別内覧会に参加させていただきました。

 

最近めっきり美術館に行けておらず、
ストレスがたまっていたのもありますし、
ロートレックならキャッチーだしお洒落だし
気軽に楽しめそう~♪というノリで、
あまり前もって予習もせずに参加。

 

そしたら思いがけず、
いい意味で裏切られることに。

 

いや、正確には裏切られたのではなく、
期待通りプラスαという感じでしょうか。

キーワードはストリートからエリートへ。

しっかりイメージ通りのお洒落な部分も楽しめる、
商業向けで一般大衆が楽しんだポスター版画の世界
=ストリート

と、

プライベートなテーマを題材にした
上流階級たちが楽しんだ版画アートの世界。
=エリート

その両方が楽しめる、充実感のある内容でした。

まずはイメージ通りのキャッチーさのある、
ストリートのポスターの世界。

 

パリ♥グラフィック―ロートレックとアートになった版画・ポスター展
(左:アンリ・ド・トゥールーズ・ロートレック 《ムーラン・ルージュ、ラ・グーリュ》)
(右:テオフィル・アレクサンドル・スタンラン 《シャ・ノワール巡業公演のためのポスター》)

当時は、絵画の複製のために使われていた版画が、
店やイベントなどの宣伝として活躍するようになり、
一般大衆の目に触れ、楽しまれるように。

そしてそこから人気アーティストがでてくるという、
新しい流れが生み出された時代だったそう。

 

パリ♥グラフィック―ロートレックとアートになった版画・ポスター展

 

学芸員さんと青い日記帳のTakさんが
ギャラリートークでおっしゃった、

 

「今のインターネットの発信から人気が出て
プロになるアーティストがいるのと似てるかもしれない」

 

という例えがすごくわかりやすく、
それを聞いた瞬間、ブワッと当時の盛り上がり方や
勢いのようなものがリアルに感じられ、
とても興奮しました。

 

確かに、技術の発展と
それによるメディアの変化によって、
新しい流れができるというのは、
今の時代と似ていますよね。

 

パリ♥グラフィック―ロートレックとアートになった版画・ポスター展
(アンリ・ド・トゥールーズ・ロートレック)

原寸大の版画作品を、まるで本当に
19世紀末パリのストリートにいるかのように
演出された効果も合わさって、
当時の時代の変化を体感している気分になれました。

 

パリ♥グラフィック―ロートレックとアートになった版画・ポスター展
(アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック 《ジャヌ・アヴリル(ジャルダン・ド・パリ)》)

見たことあるかも!な作品がたくさん並びます。

 

パリ♥グラフィック―ロートレックとアートになった版画・ポスター展
(アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック 《シンプソンのチェーン》)

そして後半は、いい意味で裏切られた
当時のもう一面の版画の世界。

 

エリート階級が楽しんだ版画です。

 

パリ♥グラフィック―ロートレックとアートになった版画・ポスター展
(アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック 《ムーラン・ルージュの女道化師》)

商業美術では大衆向けのわかりやすい表現が中心でしたが、
エリート階級の人たち向けには、
プライベートで楽しむためのものとして、
密やかなテーマの作品を中心に描いていたそうです。

 

パリ♥グラフィック―ロートレックとアートになった版画・ポスター展
(ピエール・ボナール 《小さな洗濯女》)

じっくり楽しむ作品というのでしょうか。
エリート階級はそれらをコレクションし、
画家も描き分けていたとか。

 

私もじっくり楽しみました。
サイズも小さいものが多いような。

パリ♥グラフィック―ロートレックとアートになった版画・ポスター展
(フェリックス・ヴァロットン《アンティミテ》)

かなりざっくりとご紹介してきましたが、
有名なロートレックの原寸大の作品や、
見たことある~!なポスターなどから、
実際の石版画や、ゴッホの浮世絵コレクションまで、
思った以上に充実感があって、
最後まで楽しめました。

 

パリ♥グラフィック―ロートレックとアートになった版画・ポスター展

パリ♥グラフィック―ロートレックとアートになった版画・ポスター展

 

会期は2018年1月8日までなので、
まだまだ期間はあります!

 

ロートレックは何度か見てるという方でも
楽しめる内容になっていると思うので、
おすすめですよ。

 

パリ♥グラフィック―ロートレックとアートになった版画・ポスター展
(ピエール・ボナール《乳母たちの散歩、辻馬車の列》)
屏風まで!日本の影響は大きいようです。

 

最後に、忘れてならない、
テンション上がるグッズコーナーについて!!
動画にさくっとまとめてみました。

出てくるグッズはほんのほんの一部です。
衝動買いご注意くださいませ。

 
パリ♥グラフィック―ロートレックとアートになった版画・ポスター展

http://mimt.jp/parigura/
会期:~2018年1月8日(月・祝)
場所:三菱一号館美術館

 

コメントを残す